1. 一番星歌詞

「一番星」の歌詞 平原綾香

2008/4/16 リリース
作詞
平原綾香
作曲
平原綾香
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらしい街並まちなみと ありふれた ぼくのむね
まだやりのこしたことも わすれてしまえたら いい

ためされつづける毎日まいにちで ひとにあわせることを った
自分じぶんを いきることは なぜ こんなにもむずかしい

使つかふるした ぼくのカバンに かなえていないゆめがひとつ
あともうすこし だけど あとどれくらいの 歩幅ほはばあるけばいい

ずっと そらつめてた ずっと ゆめいかけてた
かぜわりをらない あのころのぼくはどこにいる
まだ あきらめきれなくて まだ ぼくにはとおすぎて
一番星いちばんぼしかがやいた つかてたこころで ぼくはなにをみているの

すれちがう人並ひとなみのなか なつかしいきみえた がした
夢見ゆめみることを おそれない きみがそばにいた

使つかふるした ぼくのこころかなえていないゆめがひとつ
あともうすこし だけど あとどれくらいの あい必要ひつようかな

ずっと きみあいしてた ずっと 一緒いっしょにいたかった
たしかにそばにいたはずなのに しんじあうことも うたがうことも
ただ つなぎとめるだけで ただ ときながれていく
一番大切いちばんたいせつひかりつかてたこころで ぼくはあいしていたんだ

のぞめばなにもかもをあいせる つよ自分じぶんがいるはず

ずっと そらつめてた ずっと ゆめいかけてた
かぜわりをらない あのころのぼくはまだここに いる
きっと 大切たいせつなことは きっと あたりまえのかえ
ゆめかなえるためだけの ぼくの一番星いちばんぼしは きっと きみだった