「夢暦」の歌詞 平原綾香

2007/1/31 リリース
作詞
川江美奈子
作曲
川江美奈子
文字サイズ
よみがな
hidden
おどけ上手じょうずきみがそんなをするから
あまのじゃくのわたしはほら、うまくけないまま

いつもとおな窓辺まどべ・・二度にどとはない午後ごご
合図あいずのベルひびわた背中押せなかおされドアを

しろページ ためらうゆび だれかめくって夢暦ゆめごよみ
かさねた文字もじ 色褪いろあせても きざんだ日々ひびをつないで

だまっていたよる見透みすかしていたよね
あのくれたメールをまだ、ずっとせずにいる

時々自分ときどきじぶんだけがまってしまうまち
そんなときはおとしてとおきみおもってる

ぶつけながら まよいながら きみつづった夢暦ゆめごよみ
にじんだ文字もじ わすれるころ 本当ほんとう意味いみがわかるの

しのおく仕舞しまった
えずじまいのひとこと

れたページ うつろうそら いまなにてますか
けないでね けないから えないいとしんじて

ぶつけながら まよいながら きみつづった夢暦ゆめごよみ
かさねた文字もじ 色褪いろあせたら もう一度いちどここでおうよ
もう一度いちどここでおうよ