1. 十六度目の夏歌詞

「十六度目の夏」の歌詞 平川地一丁目

2005/6/29 リリース
作詞
林龍之介
作曲
林龍之介
文字サイズ
よみがな
hidden
なが坂道さかみち 約束やくそく海岸かいがん
きみるまでセリフの練習れんしゅう

すこおくれて ごまかす笑顔えがお
ゆびさす あおうみ
はじまる 今年ことしなつ

かぜばされた きみ浮輪うきわ いかけた
かっこつけた ぼくのすがた きみにどううつるの?
二度にどとは おとずれぬ 十六度目じゅうろくどめなつ
なみおとかくきみを 「きだ」とった

およつかれて かえりののぼみち
すこし はなれて セリフをさがすよ

夕焼ゆうやけを影法師かげぼうしとき
後少あとすこびれば
きみかた ならべられる

きみびすてに してみたいけれど
きらわれるくらいなら いまの「さん」けでいい
二度にどとは おとずれぬ 十六度目じゅうろくどめなつ
きみ笑顔えがおって いそあしかえ