「あなたのいない休日」の歌詞 平松愛理

1994/10/21 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
あの服買ふくかって
かみをカッコくして
このかがみなかわたしより
キレイになったら
いにこう
だけどあなたが
まえみたいにやさしく
電話でんわくれるかも
しれないから
あと1日いちにちってみよう
なぜ孤独こどくゆめべて
そだっていく
そう あなたの
いない休日きゅうじつ
とおはなれてからは
毎晩電話まいばんでんわしてたね
距離きょりぶんあいえた
おしゃれときな映画えいが
友達ともだちとのつき
きりつめても
幸福しあわせだったのに
受話器じゅわきそば 多分たぶんいたひと
わたしよりあなたを
しっているの
二人ふたりならばねがかなうと
それはまだしんじてても
いいの
あのくつって
ウエストをほそくして
このかがみなかわたしより
キレイになったら
たずねよう
けどもしもいま
心配しんぱいしてたとおりに
けられるとこわいから
あと1ケ月待いっかげつまってみよう
もうえそうな
のぞみさえも ないよりいい
そう あなたの
いない休日きゅうじつ
塩辛しおからいキスをした
最後さいごのプラットホームで
ベルのおとまないでと
いかけてった
あなたのまどはすぐに
ほそくにじみ
とおえてった
あなたのとこおくったカンナ
もうわたしのは
はなかせたよ
こいとかあい 関係かんけいのない
はなしでもいいこえがききたい

プライドという
よわさをてたら
このかがみなかわたしより
つよくなれるから
いにける
そしてあなたの
部屋へやおとずれたとき
予感当よかんあたって
ガックリきても
あなたの
じっとうのよ
あいしている ゆるしたげる
かえってきて
そう あなたの
いない休日きゅうじつ
だれもいない
遊園地ゆうえんち みたい