「おしえて神様」の歌詞 平松愛理

1995/11/20 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
ねぇ神様かみさま おしえてよ
わかれるなら
なぜ出逢であわせる
どこにしまえばいい?
どこにすてればいい?
まどガラスのこまかいあせ
しずくになって
ポロポロのなみだへと
ちていった
こいくした ふゆよる
あの二度にど
おもせないように
あたらしいカレンダーから
った
なのにえきまで
右側みぎがわをあけるくせ
いつまであなたの
かげろうとあるいてる
せめて最後さいご ありがとう
えなくって
やるせなくなる
やりのこしたことのために
これから日々ひび
きることを
つづけていけというの
ねぇ神様かみさま おしえてよ
ひとはなぜ後悔こうかいするの
なにかえってくる?
それでわっていく?
まちにもまれて ながされて
かぜになってもゆるして
そしていつしか
けば
いまはまばたきの一瞬いっしゅん
信号待しんごうまちで
すれたかかとのきず
こえる元気げんきソングが
しおでもむ
あおになるまで
ちゃんとかさぶたにして
さっそうと
まぼろしがした

だけど 心壊こころこわれりゃ
どうしたって いたいものよ
どんなにかたたたかれても
かぜにゆられうなづく
テンポがいとおしいよ
ねぇ神様かみさま おしえてよ
ひと未来みらいえるなら
私幸福わたししあわせなの?
かれはどうしてるの?
つよくなれることの意味いみ
にぶくなることじゃないと
たったそれだけしんじてく
いつかきらめいて永遠えいえん
いまはまばたきの一瞬いっしゅん