1. ごきげんよう歌詞

「ごきげんよう」の歌詞 平松愛理

1993/12/17 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
夜更よふけにまして ゆめ むなしくなれば
ひとみ けたまま 白昼夢はくちゅうむえんじたい
あおいで とりたら あこがれだけじゃなく
目指めざしていくあおまで いとしくきしめたい

本当ほんとう幸福しあわせ意味いみは(本当ほんとう幸福しあわせ意味いみは)
幸福しあわせさがすことだよと むかし いた

あいした記憶きおくは Paradise いつか 黄昏たそがれた etude
あなたと出逢であった場所ばしょで あのころよりながかげ
グレイの吐息といきで ごきげんよう

むね綺麗きれいなナイフ けるような秘密ひみつ
んでもまっていく ファスナーのような うそ
こたえをさがしながら こころではってた
かれなければ それは つみに ならないことを

どうせなみだながすなら(どうせなみだながすなら)
ぬまでだまされて それから きたかった

あいした記憶きおくは Da capo すりれてくれない memory
むねもっている 二人ふたり わらった時間じかんはもう
かたちないダイヤ ごきげんよう

あいした記憶きおくは Paradise いつか 黄昏たそがれた etude
あなたと出逢であった場所ばしょで あのころよりながかげ
グレイの吐息といきで ごきげんよう