「エレベーター アクシデント」の歌詞 平松愛理

1990/12/15 リリース
作詞
平松愛里
作曲
平松愛里
文字サイズ
よみがな
hidden
ばしたら きっととどくのに それなのに
身動みうごきできず こえさえでないの

あまりに突然とつぜん わたしをおそったAccident
地下ちかのホームへとりていくえきのエレベーター
背広せびろ仲間なかまたちとんだ背中せなか
一目ひとめおもした あのころたよったあなたのものよ

ばしたら きっととどくのに それなのに
はじめてったスーツのあなたはとおすぎて

むかしどうんなじ くせのある口調くちょう わらない
キャンパスでいつも 仲間なかまとJokeった
なつかしいかたのライン 何度なんどほおせた
ひろくなったみたいね いまはもうだれかのためだけのもの

ばしたら きっととどくのに それなのに
身動みうごきできず こえさえでないの とおいのよ

あなたの卒業そつぎょう いつけないわたし
いてかないでよと 年下としした自分じぶん やんでいた

あなたなしでは きられなかった青春せいしゅん
このままそっと こえをかけないで見送みおくるわ

ばしたら きっととどくのに できないの
あなたのなかわたしはあののままでいい

ドアがひらいたら 別々べつべつひと場所ばしょ
たがちがしあわせのためにかうのよ