1. チュピタンサスの木歌詞

「チュピタンサスの木」の歌詞 平松愛理

1992/9/18 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
わすれるわけはないわ そのこえ
鼓動こどういたきざみがはしった
一体いったいだれよ こんな夜中よなかにって
名前なまえうまでは プライドゆずれない
こんな瞬間しゅんかんがくる しんじてしんじてた
夜更よふらない電話でんわ きしめた日々ひび
ひとつ季節きせつぎて そしてあなたは
彼女かのじょのもとへかえっていったの
もうおそすぎるのよ おそすぎるのよ
いたいよと いまっても
すぐんでいきたい んでいきたい
でもあのころこころもう一度いちど ありないよ

二人ふたりったチュピタンサスの
さき部屋へやかえったわたし
おおきすぎるえだを こっそりって
丁度ちょうどね」なんてって のハサミかくした
あのうそ幸福しあわせのため
今日きょう わたし自分じぶんためうそをつく
えば二人ふたりかつときまで
二度にどわかえられないから
もう恋人こいびとがいる 恋人こいびとがいる
見抜みぬいてても だまっていて
どんなこいをしても こいをするたび
あなたとくらべているわたしわらせたい

もうおそすぎるのよ おそすぎるのよ
いたいよと いまっても
すぐんでいきたい んでいきたい
でもあのころこころもう一度いちど ありないよ