1. ビビッとドキッとGood Day歌詞

「ビビッとドキッとGood Day」の歌詞 平松愛理

1996/9/23 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
人混ひとごみにされてすす
Rush Hour
いつもの看板かんばんあたりで
乗車口じょうしゃぐち
かおぶれのきまったあさ
プラットホーム
又同またおな電車でんしゃ
むよ
ぶつかる背中承知せなかしょうち
あしりてみた
今日きょうはいちぬけてみるわ
わるいわね
そっとVivid Bit,
Sukiっときっと、
Good GoodっとGood Day
人波逆ひとなみさからって
こころ日光浴にっこうよく
ほんの10㎝じゅっセンチあごげて
えたそら
くもりたいと
はしった日甦 ひよみがえ
普通ふつうおもいがけないあさ
素敵すてきなadventure
できたての
サンクチュアリ
やりかけのつくえうえ
routine work
たしかににならないと
えばうそになる
仮病けびょうなの こころなか
I'm sorry
受話器じゅわきおく
らない町角まちかど
様々さまざまにはめこまれた
石畳いしだたみかった
わたしわりのきかない
ひとでいたい
やっとVivid Bit,
Dokiっときっと、
Good GoodっとGood Day
わたし太陽たいようとで
はじまる光合成こうごうせい
ずっとわすれていた
口笛くちぶえくメロディー
ひとつかみのかぜ
のこさずに深呼吸しんこきゅう
とおぎた
すべての日々ひびいま
明日あすへのstation
私発わたしはつ 私行わたしい

ちょっとしたおもいつきに
Vividがかくれてる
パッとしない毎日まいにち
どこかで すぐ傍 かたわら
ずっとVivid Bit,
Ukiっときっと、
Good GoodっとGood Day
ねらわないでさがさない
escapeが大切たいせつ
そしてかえ見飽みあきた
街路樹がいろじゅにさえ
季節きせつがあること
自分好じぶんすきになる
ほんのすこ時間じかんわすれたら
予期よきせぬsituation
昨日きのうとはちがうGood Day
めげた
チャンスのGood Day