1. 一夜一代に夢見頃歌詞

「一夜一代に夢見頃」の歌詞 平松愛理

1993/12/17 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
ひと一代いちだい夢見ゆめみごろ
つめえるまで
かけひきの途中とちゅういま美人びじんになる
ひか迷路めいろくぐりけて
かがやいたあなたへ
とど神様かみさまのデザートは
またあたらしいこいあじ

あずかってたあのかれとのペアカップは
もうかえしても大丈夫だいじょうぶだね
二度にどだれあいさないといてたあなたは
あのをちゃんと過去かこにできた

未来みらいうらなうより大事だいじ
こい誕生日たんじょうび乾杯かんぱい

ひと一代いちだい夢心地ゆめごこち
しゃぼんだまって
えないゴールだから より美人びじんになる
ひか迷路めいろくぐりけて かがやいたあなたへ
とど神様かみさまのデザートは
またあたらしいこいあじ

一度いちどりの人生じんせいにはかなしみのりょう
まってるなんて なだめたっけ
プラスチックのまちなかで うつむかずけば
いいことあると微笑ほほえんだけど

どんな言葉ことばよりもあなたが
自分じぶんしんじられたから

ひと一代いちだい夢見ゆめみごろ
いつかかなまで
かせたいから そく美人びじんになる
まえにあるハードルは
えるためにたか
だから神様かみさまのデザートは
ほどあまこいあじ

ひと一代いちだい夢見ゆめみごろ
つめえるまで
かけひきの途中とちゅういま美人びじんになる
ひか迷路めいろくぐりけて
かがやいたあなたへ
とど神様かみさまのデザートは
またあたらしいこいあじ