1. 南町から歌詞

「南町から」の歌詞 平松愛理

1996/7/22 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
はるにはうみちか校舎こうしゃ
記念きねんのスナップにVサイン
離宮りきゅう公園こうえんさくらたち
くもったあざやかで
グレイのキャンバスに
ゆめくものと
おしえてくれたはずなのに

ありふれた毎日まいにちがあたりまえじゃなくなる
こんながくるなんて
何気なにげない一言ひとことがさりない微笑ほほえみが
こんなにあたたかくて
まだ薄紅うすべにはなびら
もっともっと
あのへとりのひとゆめ
ほこ

なつには波打なみうぎわはしった
とおくでははこえがした
須磨すま海岸かいがんりくサーファー
気取きどころがついた
せるなみきず
ひくなみ時間じかん
そしてってく 人生じんせいのように

あといくつなみくればどれだけのときてば
いたみおさまっていく
どんなえら学者がくしゃでも有名ゆうめい政治家せいじか
こころまでははかれない
ちいさな無数むすうしお
そっとそっと
いつまでもかわかないふかきず
さらってゆけ

あきにはやまちる夕日ゆうひ
がしたはじめての恋心こいごころ
そろいのシャツでさんみや
けれどかおさえれず
六甲ろっこう
みなとつづみちあるいた
だまったまま

どこにいてどうきてもなにをどうくしても
おもわらない
きんもくせい季節きせつめぐるたびよみがえ
あおかった日々ひびのこと
かみさまでさえせはしない
ずっとずっと
かけがえのない記憶きおく自分じぶんだけの
History

ふゆには聖歌隊せいかたいじって
異人館いじんかんどおりでアヴェマリア
山手やまて教会きょうかいのクリスマス
そらとどきそなもみの
もりはじめるゆき
すべてのつみ
ゆるしてしまう最上さいじょうあい

てるはずのなかったたすはずのおもいが
天国てんごくゆきになる
希望きぼうへとかったときもう一度いちどあいになって
すべてのひとるの
あたらしい生命いのちのうたになる
きっときっと
つよまちになっていく故郷こきょう
とどくように
人生じんせいみちしるべ はじまった
南町みなみちょう