「少年のまま」の歌詞 平松愛理

1992/9/18 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
今日きょうこそはってること
はなしてきてとわれたけど信号しんごうこうがわ
なぜそんな必死ひっし素朴そぼくよわいんだ
昨夜さくや10ふん電話でんわしたよと
ほそめくもりそらるそのときそばには
ぼくがいた事実じじつらせるならいま でもダメだ

やはりえないパァーッともうよ
こんな幸福こうふくそうな笑顔えがおこわしちゃいけない
やはりえない無二むに親友しんゆう
よろこぶおまえすこしでもながっていたいんだ

大切たいせつ事件じけん長年ながねん
最初さいしょってたからばなし先攻せんこう
ジャンケンでめようなんていったぼく 馬鹿ばかだった
まえはとてもうれしそうに
一生いっしょうこのこいうからと彼女かのじょできたこと
報告ほうこくするはずのぼくはなすすべくしたよ

あい友情ゆうじょうえらべやしない
優柔不断ゆうじゅうふだん八方美人はっぽうびじんなんといわれようが
本当ほんとうのことが明日あすれるなら
今日きょうまではおもいきりさわぐただの少年しょうねんでいたいんだ

やはりえないパーッともうよ
こんな幸福こうふくそうな笑顔えがおこわしちゃいけない
やはりえない無二むに親友しんゆう
よろこぶおまえすこしでもながっていたいんだ