「幸せはトマトと共に」の歌詞 平松愛理

1996/7/22 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
たしかにそう 私見わたしみおぼえある
さっきみちであなたが紹介しょうかいした
むかし友達ともだちって

きれいなひと
けど嫌味いやみ
わたし愛想あいそなかった
ちょっとあなた
ひとはなしいてよってったら
おもしたわ

あなたの部屋へやはじめてった
フォトスタンドの笑顔えがお
ひどくあわてて即座そくざった
これはぼくいもうとって
そのとき以来いらい写真しゃしんがないこと
たのしくてわすれてた
なんであのときわたしだましたの
きらいよ
一歩前いっぽまえあるかせてもらうわ

ちゃんとうよ まえ彼女かのじょなんだ
かくすなんて未練みれんがあったのね
やっぱりみせるわ

ちょっとてよ
きみきな
トマトジュースめよって
ウェイトレス
横顔よこがおなんてマジなの
おかしすぎるわ

もういいわよゆるしてあげる
本当ほんとうにくめないひと
白状はくじょうするわ わたしなにより
苦手にがてなのよトマトが
はじめてのあさグラスにれて
くれたから無理むりをしたの
ああ美味おいしいとなみだためて
ちがうの
あなたのわらかおみたさに

あなたも今日きょう
わたし今日きょう
度目どめこいしようよ
昨日きのうまでの
たがいのため
ついたけなげなうそいわって

きはきらきらいはきに
こいはいつも急転直下きゅうてんちょっか
おもえばおもうほどささいなことが
世紀せいき大事件だいじけん
きっとわたしはこれからあなたに
何度なんどこいをするわ
でもそのたびかならうでしょう
きらいって
そうしていつしか
仲良なかよくトマトがべたいな