1. 思い出の坂道歌詞

「思い出の坂道」の歌詞 平松愛理

1991/11/21 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
Kissをしなさいと かぜがあおる場所ばしょ
だめよ もうそれは とお習慣しゅうかん
こんな偶然ぐうぜんまたえるなんて
幾度いくどあのころ ゆめねがった光景こうけい
おも坂道さかみちはな
まるでおな景色けしき
なつかしむように をゆらせってる
いま幸福しあわせ?」と らくけた
自分じぶんおどろいたわ
ったあなた さがしに
坂道さかみちのあのあめが いとおしいなんて

あのときはごめん なんてわないで
ずっとそれだけ ばねにきたの
こい結婚けっこんも しないとめてた
やがてそれから
やさしいひと出逢であったの
おも坂道さかみちで あなたにあやまられて しまったら
こころいまさらぐらついて けそうだけど
きずついたぶん 大人おとなになれたこと
感謝かんしゃできるから
いまこいまもっていくね
あなたとの気持きもちぐらい 大事だいじ大事だいじ

おも坂道さかみちにある
かぶをさがしたら
未来みらいちかった 二人ふたり名前なまえがあった
いつか今日きょうのことも あおいこけに
かすんでいくかしら
じゃあ約束やくそく おぼえてるって
やぶったら もう二度にどわすれてあげない