「私の一番長い日」の歌詞 平松愛理

1994/11/11 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
はねたかみにまず ドライヤーして
いやさき部屋へや片付かたづけよう

なんで突然とつぜん いまからそこへいくからと
がるじゃないのよ もう どうしよう

ヤバいわ アセるわ そうじするおと
せっかくのドアホン かきすかも

そうよえるとこだけ チャッチャとやりおえて
はやかないと あせ バレるわ

わたし二人ふたりこいやく
あなたはわたし友達ともだちのステディー
そうじきのホースあしにからんで
つまずいてoffって 車止くるまとまった
ちかづいてる… いそげ!

このこと彼女かのじょなんていうの
いくらわたしでも 誤解ごかいするわ

なんて言葉用意ことばよういしながら冷蔵庫れいぞうこ
けて手料理てりょうり材料ざいりょう OK

とうとうあなたが ドアたってる
なんとバラのはな うでにかかえ

ゆめのような とおもったらそのうしろに
彼女かのじょってわらってる どうして?

「おめでとう あさっての誕生日たんじょうび
「ありがとう さすが友達ともだちだけある」
れたつくわらいはすぐ出来できたできた
でもドキドキのこの10分間じゅっぷんかん
どうしてくれる… かえせ!

テーブルにそのくえ ちがったお料理りょうり
わらごえ そのたび
むなしすぎるこころ すでに終了しゅうりょう

やめた 私明日わたしあしたからはいやなものは
Noといえるようになるわ めたの

だれかのためじゃなく自分じぶんため
こいにも友情ゆうじょうにもうそつかない
したしげにやってたあなたたち
ああ けれど二人ふたりとも大好だいすきだわ
そして今日きょうも… ぎる…