1. 私をかえして歌詞

「私をかえして」の歌詞 平松愛理

1996/7/22 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたひとりのせいと にくれない
一度いちどでも本当ほんとうこいしてたから
けどちがひと
いつかきになる予定よていなら
なぜわたしったの
受話器じゅわきこう なにって

こいをひとつうしなうことは
こころすべてなくすこと
あなたと出会であうあのまでの
わたしをかえして
もっとつよかったわたし

その女性ヒトおも気持きもちで わたしじゃなくて
二人ふたりごした季節きせついとしんでみせて
あいのぞまない
ただ毎日まいにちにつくまで
夜中よなかこうしてはなしいて
彼女かのじょいたら すぐにるわ

あなたひとりうしなうことは
わたし全部ぜんぶなくすこと
いまさらあなたにきたいの
どこがいやだった?
なぜえなかったの?わたし

しろんできたまど
なか今日きょうもはじまる
なみだれるたなら
平凡へいぼんというすごるね

わらないよるあるくよりも
みじかよるばしりたい
くちにしない矛盾むじゅんさけ
やさしくしないで
もうつきはなしてよ

こいをひとつうしなうことは
こころすべてなくすこと
そのかげにおびえないあさ
わたしがして
わたしをかえして わたし