「虹がきらい」の歌詞 平松愛理

1991/5/21 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
海岸線かいがんせんこしかけるように
雨上あめあがりのしまへと にじのプリズム
しめったすな そらげるから
七色なないろのかけらたち はやくげてよ

あのとおりをビルを公園こうえんをそしてあなたをおも
わすれたくてここへとった だけどわたし
あのかぜ太陽たいようしず夕日ゆうひが もっと
あなたのいないきれいなにじ大嫌だいきら
そらいますぐあめらせて

とおうみ しろかべいえ
バンガローくオレンジ教会きょうかいかね
陽気ようきなbrown eyes 笑顔えがおかえせたら
こいだれかのものじゃないとづいた

もうあたらしいひとといるあなたへくのよ
Air Mail
わたしあい彼女かのじょのものじゃない あいしている
すぐにかえるわ いたみがつけたそらへの足跡あしあと
ひこうきくもおおきなにじまえ
わたし正直しょうじきまもってゆく

あのとおりをビルを公園こうえんをそしてあなたをおも
わすれなくて いまやっとかった だってわたし
あのかぜ太陽たいようしず夕日ゆうひがもっと
あなたのいないきれいなにじ大嫌だいきら
いつか 二人ふたりきりでながめるの
しんじてる