1. 雨の日曜日歌詞

「雨の日曜日」の歌詞 平松愛理

1994/2/2 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
うごまどから っすぐわたしてたから
かさたおしてなみだをかくした
バスていわき今年ことしいてる
このしろはなだけがながめてた こい結末けつまつ

二人ふたりえがゆめちがってるからと それだけの
綺麗きれいすぎるわか文句もんくいまさら
あめるたびに たまらなくなるの
やっとかった ゆめしあわせはべつだったこと

あめ日曜日にちようび素直すなおになりすぎる
つぎのバスまで予感よかんだけつづけよう
あなたはこのあめなにうつしてるの?
おもとじゃなくて あなたときたいの

この場所ばしょわせた日曜日にちようびあめばかり
きみのだけでいいとかさたずたね
ステップ入口いりぐち いち段目だんめ
あなたの笑顔えがおびこむデート 昨日きのうのようよ

未来みらいはなねつっぽい時間じかん かれてた
いつ自分じぶんだけ精一杯せいいっぱいになった
きなものなど おなじじゃなくても
みとえるつよさがなによりも 大事だいじだったのに

あめ日曜日にちようびこころあらってく
こんなわたしとおぎるパラソルのはな
あなたはこのあめだれかささすの?
きっとおもして ここにいるわたし

あめ日曜日にちようびはクラクションよみがえ
この手離てばなちいさくなったあなたのバスを
いかけそらたかったあのかさ
はねぬれたたんぽぽ べなかったやさしさ
おもとじゃなくて あなたときたいの