「Crescent Moonshine」の歌詞 平松愛理

1992/9/18 リリース
作詞
平松愛理
作曲
平松愛理
文字サイズ
よみがな
hidden
きざまれたrabbitのかげ
んでいると本当ほんとうしんじてた
だからけていく夜毎よごとに きゅうくつそうだと
友達ともだちのように心配しんぱいした
ははがはしゃいでせた
レインコートいたずらえないで
けてもいえへはかえれず わたしつき
自信じしんなさそうにった

あなたのいないよる明日あすからおなじにはごせない
もしもかなしいことが あった
とおまちでこの時間じかん つき見上みあげて
わたしをうつすから こころめて

足元あしもとつよかげとし
あのなつ何度なんどかえってた
あなたがっていくみち
すぎる足跡あしあと 一歩いっぽずつこころおもくなった

はじめてのKissのよる二人ふたりらしたそら街灯がいとう
かさなるシルエットへ しみこんでいった
つきあたたかさ わすれないでね
わたしわらない ここにいるから

あなたのいないよる明日あすからおなじにはごせない
もしもたのしいことが あった
きっといまあなたも このつき見上みあげて
ひとつの気持きもちずっと かんじていようね