1. バス・ストップ歌詞

「バス・ストップ」の歌詞 平浩二

1972/9/1 リリース
作詞
千家和也
作曲
葵まさひこ
文字サイズ
よみがな
hidden
バスを あいだ
なみだくわ
ってるだれかにられたら
あなたが きずつく
なにをとりげても
わたしわる
あやまち つぐなう そのまえ
わかれがたのね
どうぞ くちひらかないで
あま言葉ことば かせないで
ひとりでかえ
みちが とてもつらいわ
バスを あいだ
気持きもちえる
つないだ このぬくもりを
わすれる ためにも

どうぞ かおを のぞかないで
あとことにしないで
ひとりで ける
部屋へやかぎおもたい
バスを あいだ
気持きもちえる
うるんだ そのうつくしさ
わすれる ためにも