1. 星のカケラ歌詞

「星のカケラ」の歌詞 平野綾

2008/7/16 リリース
作詞
平野綾
作曲
齋藤真也
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたへのおもいをいただしては
何度なんどもおんなじこたえになったんだ
ただえないとき かんがえすぎてしまうんだね
どれくらいなが一緒いっしょにいたら
はなれてるときかずにむのかなんて わからないよ
一瞬いっしゅんはかなさかもしれない

今夜こんやひとりながめてる あのほしまでとどくのなら
かすかなぬくもりせる
はなさないでくれた こんないま

本当ほんとうつたえたい言葉ことばなんて
わなくていいとおもんでたんだ
まだあなたのこと 理解りかいしているフリだったね
くしてわかるとってたなら
もっとすぐにでも気付きづくべきだったなんて もうだめだよ
ずっとつないでいたかった

あのふたりで夢見ゆめみた あのほしまでとどくのなら
いたみなんてって れることすら もうこわくないよ
あのふたりながめてた あのほしまでとどくのなら
やさしさのカケラそそ
やっとれた あのなみだ

あの日偶然出逢ひぐうぜんであった あのほしまでとどくのなら
さびしさのためじゃなく だれかのためにだけきていたい
いつのかたどりける あのほしまでとどくのなら
さしのべた夜空よぞらまたた
ねがいをかなえて あの奇跡きせき