「ガーデニングの詩」の歌詞 幸村精市(永井幸子)

2015/3/1 リリース
作詞
永井幸子
作曲
佐藤晃
文字サイズ
よみがな
hidden
きになったのは いつだったのかな
おぼえてないけど どうでもいいかな

づけば にわ片隅かたすみ
ひろがる自分じぶんだけのスペースガーデン

薔薇ばらにはとげがあって やさしく
そっとかおたのしんで
ったハーブって つちばらいって
ひととき 今日きょうはカモミールティー

あたまえ日々ひび わらないはずの
あさ時間じかんでも おんなじじゃなくて

時々ときどき むねいたむよ
Carrot and Stick 綺麗きれいそだてるため

あたえすぎちゃ駄目だめりなくても
そこは長年ながねんかん
意外いがいしょうで キリがなくって
われかえるよ everyday

きずだらけ どろだらけで

リビングにウッドデッキ もんにアーチ
センスくハンギングで
やるだけのことはやって あとはいの
ガーデニング 明日あしたもガーデニング
明日あしたもガーデニング