「夢の続きII」の歌詞 幸村精市(永井幸子)

2015/3/1 リリース
作詞
永井幸子
作曲
土屋学
文字サイズ
よみがな
hidden
ばしいかけた
つかめそうな蜃気楼しんきろう
れた指先ゆびさきむねつたえるよ
いつかゆめを ここに

かたせた 夕焼ゆうやけのいろがなびいて
それが はじまりをげるとき

とさないよ おれたちのきるあかし
どんないろよりも つよ気高けだか

ああ
いくつのよるえて めぐえたんだ
あのそら

ばしいかけた
つかめそうな蜃気楼しんきろう
れた指先ゆびさきむねおしえるよ
いつかゆめ
つづきからはじめよう
ただそこにくして
いたおれたちの かえ場所ばしょはもう
たったひとつしかなくて

やりかたなら いくらでもおもいつくけど
これが おれのやりかためた

歯向はむかうなら それなりの覚悟かくごめて
おいでいまここで こたえ みせるよ

ああ
からだがおぼえている ここにつことを
あののままに

がるときすな
えてかぶ蜃気楼しんきろう
じたおく金色きんいろはし
あの夕焼ゆうや
かたくちかった言葉ことば
何度なんどおもかえして
いたおれたちの かえ場所ばしょはもう
たったひとつしかなくて

ばしいかけた
つかめそうな蜃気楼しんきろう
れた指先ゆびさきむねおしえるよ
あのゆめ
つづ物語ものがたり
つづってくれるあなたを
いたおれたちの かえ場所ばしょはそう
たったひとつしかなくて