「驟雨」の歌詞 幸村精市(永井幸子)

2015/3/1 リリース
作詞
鳥海雄介
作曲
一色真実
文字サイズ
よみがな
hidden
りだしたあめつぶ一人ひとりきりかぞえてた
ちることを きそうように あめは ひとつ ひとつ

何度目なんどめになるだろう ねむれなくて まどろむよる
うごかない身体からだ つねりながら いてた

だれにもわかるはずのない このむねのいばらを
もっとはげしくるような ナイフがほしいよ

れだしたあめなかを どこまでもあるけたら…
このくやしさ ながすために そそげ つよつよ

どんなことがあっても 明日あしただけはかなら
ちょっとまえ自分じぶんじゃ きっとづけなかった

いつもこえこえてたよ ずっとっていると
っすぐすぎるそのつよさに ささえられてきた

なぐるようなあめかぜも どこまでもればいい
きずつくこと ためらわない なよ つよつよ

きっとあめがって いつかその地面じめんから
すだろうはなは ゆるがないきずな出来できてる

なぐるようなあめかぜも どこまでもればいい
きずつくこと ためらわない なよ つよつよ
れだしたくも やさしいしが
かがやくことを きそうように おいで ひとつ ひとつ

やっとあめがって やがてその大空おおぞら
かったにじはしてしない未来みらいにつながる