「ノスタルジア」の歌詞 広沢タダシ

2015/1/28 リリース
作詞
広沢タダシ
作曲
広沢タダシ
文字サイズ
よみがな
hidden
あお季節きせつだった
シロイケムリのこちらがわ
まあるい日々ひびあこがれて
のなるほうへさまよった

もしもうたえなくなっても
にじのつづきはわたっていく
もしもうたえなくなったら
すこ時間じかんができるだろうから
ゆめなかいてるきみのところへ
くちづけでもしにこう

とお記憶きおくなか
あのむすめせたバスが 夕焼ゆうやけにとけた

ゆめだったのかと ますのは
いつだって秋風あきかぜうたすから

もしもうたえなくなっても
ぼくたちはゆめてしまう
もしもうたえなくなったら
もどせるわけじゃないけど
ぼくたちがらなかったのは きっと
さよならの仕方しかただけさ
奇跡きせきこってたんだよ