「桜の絨毯に乗って」の歌詞 広沢タダシ

2007/1/24 リリース
作詞
広沢タダシ
作曲
広沢タダシ
文字サイズ
よみがな
hidden
うまくいかないこと なみだれるようなこと
ぼくらの日々ひびは そんなことばかりで
出会であうこと わかれること はかなさくらのように
いたとおもったら ることばかり

だけどはなびらを かきあつめて
ゆっくりとそのうえすわってみたなら

さくら絨毯じゅうたんって ぼくらはどこまでもける
明日あすへのスカイラインに沿って 夕焼ゆうやしてゆくんだ
さくら絨毯じゅうたんはきっと みんなのおもいをせて
これからどんなかなしみも たやすくえてゆくんだ
れたのは 二度にどらないはな

キレイなタペストリーを 丁寧ていねいげるように
ぼくらの日々ひびは ゆっくりとすすんでく
いつかをつないだように つようつくしく
はなれてもえない ずっとわすれない

いつかまたどこかで えるまでに
くしてしまったなにかを つけていたい

さくら絨毯じゅうたんって ぼくらはどこまでもける
明日あすへのスカイラインに沿って 夕焼ゆうやしてゆくんだ
さくら絨毯じゅうたんはきっと みんなのおもいをせて
これからどんなかなしみも たやすくえてゆくんだ
れたのは 二度にどらないはな

もうずっとここからは裸足はだしこう いしコロなんてこわくない
ほらもっと自分じぶんのことしんじてゆこう まだ未来みらいのために

かたちあるモノはいつのくなってしまうけれど
さくらぼくらのむねに いつでもはなかせてんだ

さくら絨毯じゅうたんって ぼくらはどこまでもける
明日あすへのスカイラインに沿って 夕焼ゆうやしてゆくんだ
さくら絨毯じゅうたんはきっと みんなのおもいをせて
これからどんなかなしみも たやすくえてゆくんだ

れたのは えない宝物たからもの
れたのは 二度にどらないはな