「名もなき詩」の歌詞 広瀬香美

2010/1/20 リリース
作詞
桜井和寿
作曲
桜井和寿
文字サイズ
よみがな
hidden
ちょっとぐらいのよごものならば
のこさずに全部食ぜんぶたべてやる
Oh darlin きみだれ
真実しんじつにぎりしめる

きみぼくうたがっているのなら
こののどってくれてやる
Oh darlin ぼくはノータリン
大切たいせつものをあげる

苛立いらだつような街並まちなみにってたって
感情かんじょうさえもリアルにてなくなりそうだけど

こんな不調和ふちょうわ生活くらしなか
たまに情緒不安定じょうちょふあんていになるんだろう?
でも darlin ともなやんだり
生涯しょうがいきみささ

あるがままのこころきられぬよわさを
だれかのせいにしてごしている
らぬきずいていた自分じぶんらしさのおりなか
もがいているなら
ぼくだってそうなんだ

どれほどかりえる同志どうしでも
孤独こどくよるはやってくるんだよ
Oh darlin このわだかまり
きっとせはしないだろう

いろんなことだいにしてきたけど
くしちゃいけないものがやっとつかったがする

きみ仕草しぐさ滑稽こっけいなほど
やさしい気持きもちになれるんだよ
Oh darlin 夢物語ゆめものがたり
たびかせてくれ

あいはきっとうばうでもあたえるでもなくて
けばそこにあるもの
まちかぜかれてうたいながら
みょうなプライドはててしまえばいい
そこからはじまるさ

絶望ぜつぼう失望しつぼう (Down)
なにをくすぶってんだ
あい自由じゆう希望きぼうゆめ (勇気ゆうき)
足元あしもとをごらんよきっところがってるさ

きまかせのこいにおち
ときにはだれかをきずつけたとしても
その度心たびこころいためるよう時代じだいじゃない
だれかをおもいやりゃあだになり
自分じぶんむねにつきささる

だけど
あるがままのこころきようとねがうから
ひとはまたきずついてゆく
らぬきずいていた自分じぶんらしさのおりなか
もがいているならだれだってそう
ぼくだってそうなんだ

愛情あいじょうってゆうかたちのないもの
つたえるのはいつも困難こんなんだね
だから darlin この「もなきうた」を
いつまでもきみささ