「飛んでイスタンブール」の歌詞 庄野真代

1978/4/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかわすれていった
こんなジタンの空箱からばこ
ひねりてるだけで
あきらめきれるひと
そうよ みんなとおな
ただの ものめずらしさで
あのしゃれたグラス
まえに すべらせて
くれただけ…
おいでイスタンブール
うらまないのがルール
だからあいしたことも
ひとおどかぜ藻屑もくず
んでイスタンブール
ひか砂漠さばくでロール
よるだけの パラダイス

むねに かすかに しみた
ひく電話でんわのさよなら
かすりきずのひとつ
のこせもしないひと
そして しょうこりもなく
すぐにいたみもぼやけて
今日きょう今日きょうかお
きあきためぐり
えがいてる…
おいでイスタンブール
ひと気持きもちはシュール
だから であったことも
しん気楼きろう 真昼まひるゆめ
きよイスタンブール
どうせフェアリー・テール
よるだけのパラダイス
んでイスタンブール
ひか砂漠さばくでロール
よるだけの パラダイス