「君だけを映して」の歌詞 彩冷える

2010/6/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
裸足はだしのまま はしゃぐきみひかりつつまれて キレイ
太陽たいようのジェラシー 素肌すはだ がしていく
小麦色こむぎいろ微熱びねつをまだ きしめること できなくて
刺激しげきちたなつ ぼくきみだけを うつして

波待なみまつサーファーのように きっかけをさがぼく
横切よこぎ視線しせんこわてきえてしまう みんな

ナイト気取きどりで きみのそばを はなれない
だけど あせばむは ためらっている

はしした highな予感よかん しんじたくなった 未来みらい
なによりも 大事だいじきみ一緒いっしょなら
かいかぜたかなみえていけそうな がしてる
運命うんめい えるなつ もっと 大胆だいたんに ならなきゃ

ひとなつこいもとめ ビーチに あつまる honey bee

危険きけんよるすこあこがれてたけど
いまきみ笑顔えがお ただ ていたい

ふざけながら らすjuice きみ無邪気むじゃきなプレゼント
はじける 炭酸たんさん素肌すはだ やすから
ふてくされた フリをしたら れたかみからのぞ
おおきな そのひとみ いつも ぼくだけを うつして

裸足はだしのまま はしゃぐきみひかりつつまれて キレイ
太陽たいようのジェラシー 素肌すはだ がしていく
小麦色こむぎいろ微熱びねついま きしめたら もうはなさない
刺激しげきちたなつ もっと 大胆だいたんに なるから
こころきみだけを うつして