「地球から」の歌詞 影山ヒロノブ

1989/12/21 リリース
作詞
岩室先子
作曲
須藤賢一
文字サイズ
よみがな
hidden
一人ひとり星空ほしぞらはなしかけてみたんだ
きているいまたしかにつめたのさ
どうしてこの場所ばしょたのか
どこまでくのか
ながみちを がむしゃらにはしって
くとそこに いくつものあいがある
それぞれのこころ うたびかんじた
出会であいは偶然ぐうぜん宝石ほうせき
星座せいざのつながり
そうさ むねかがやいているのさ 永遠ずっと
ぼくはこのほしぼくはこのみち
真実しんじつもとめる
まもりたいモノが あいしてるひと
地球ここにいるよ

見上みあげると うみつづいてるそらひろ
もうすぐ夜明よあけが 金色きんいろまちにする
未来みらい自由じゆうなかにある
てしない時間じかん
そうさ 明日あすにつながっているのさ だから
たとえこのときが たとえこのみち
どんなにつらくても
しんじてるモノを 大切たいせつなモノを
わすれないよ
ぼくはこのほしぼくはこのみち
真実しんじつもとめる
まもりたいモノが あいしてるひと
地球ここにいるよ