1. 白雪歌詞

「白雪」の歌詞 御主人様専用奇才楽団 Virgil

2009/4/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きりなかでガラスに反射はんしゃした
きみ笑顔えがおきになったから
ぼくちいさな羽根はねつつんだ
やがてこのきりあめになりゆきになりそそぐだろう
さむがりなきみふるえた
だからぼくちかった

つよかぜよるぼくたてになろう
はげしいあめよるぼくかさになるから
しろ羽根はねひろげながらきみつづければいい
あの日見ひみてたゆめかって

すこしずつわかるへんなクセも
すぐにきみとわかるそのこえ
すべてが五線譜ごせんふ音楽おんがくわっていく
ガラスにむすんだ結晶けっしょうたちを紅茶こうちゃみたいなキスでかして
りないあまさは夜空よぞらほしすこせばいい

きみ笑顔えがおくもには太陽たいようになりらそう
なみだれずあさたらこのうでけばいい
そしてこぼれちたしずくがかけるにじわたろう
こわがらないで
このはなさないで

明日あしたになるそのまえしろゆき結晶けっしょう
夜空よぞらりつぶしてあさえがいてみよう
かすかにかんじるねつがほら
しろ世界せかいつく
あの日見上ひみあげたそら白雪しらゆきのように

ひかりなきこのやみなか迷子まいごになったとしても
瞳閉ひとみとじてばせばぼくがいるから

つよかぜよるぼくたてになろう
はげしいあめよるぼくかさになるから
しろ羽根はねひろげながらきみつづければいい
あの日見ひみてたゆめかって
あの日見ひみてた白雪しらゆきのように