1. 幾千の時を経て歌詞

「幾千の時を経て」の歌詞 徳永英明

2003/2/27 リリース
作詞
Hideaki Tokunaga
作曲
Hideaki Tokunaga
文字サイズ
よみがな
hidden
月明つきあかりもままならぬきりなかでも
ほし未来みらい目指めざしてひかりつづける
きみきになるほどにぼくおもいも
この運命うんめいさきらす

もしときさかのぼってきみえたら
こい片付かたづけられない理由りゆうるかな
ずっとかんじていたんだ過去かこ未来みらい
きみうためだけにある

いくつの時代じだいまれわってきても
ぼくはきっときみこいをしているはずさ…
幾千いくせんとき出逢であほしみたいに
きみ出逢であうことでひかりつづけられるぼくは…

きみ出逢であったあの意味いみがあるから
なつかしいかおりがしてた

瞬時しゅんじえていくながぼしのようでいい
こころのままきみきしめていたいのに
幾千いくせんときてひかるほしのように
ぼくおもいはいつきみとどくのだろう

いくつの時代じだいまれわってきても
ぼくはきっときみこいをしているはずさ…
幾千いくせんとき出逢であほしみたいに
きみ出逢であったことでひかりつづけられるぼくは…