1. 愛が哀しいから歌詞

「愛が哀しいから」の歌詞 徳永英明

2008/7/16 リリース
作詞
山田ひろし
作曲
徳永英明
文字サイズ
よみがな
hidden
こいなんか もうしたくなかったと
微笑ほほえんで 涙浮なみだうかべてるきみ

こわいのは ぼくおなじなんだよ
だけどいま うそはつきたくないよ

あいすることを ってしまったら
子供こどもにはもう もどれはしないけど
ひとはきっと つよくなってゆくんだ

あいかなしいから
なみだをくれたんだろう
言葉ことばだけじゃ とどかないのために

だからいていいよ
そのひとみおくまでじないで
ぼくがすべて
めてあげるから

夕暮ゆうぐれに 迷子まいごいているよ
大声おおごえ名前なまえさけびながら

あんなにも いとしいひとのことを
まっすぐに べるつよさは何故なぜ?

だれむかえにてくれないのが
かったから ぼくらはけなくなった
ああ、だから きみいたかったんだ

あいくるしいのに
何故僕なぜぼくらは出逢であうんだろう?
しんじたいと 何度なんどねがうんだろう?

だからきしめるよ
そう、何度なんど何度なんど何度なんどでも
そのこたえを
きみとだけつけたい

あいかなしいから
あいするしかないんだろう
ひとりじゃない
そう、しんじたいんだろう

だからきしめるよ
そう、何度なんど何度なんど何度なんどでも
きみけっして
迷子まいごにはさせないよ

だからいていいよ
いま こたえはひとつだけ
きみのために

ぼくがここにいること