1. 砂時計歌詞

「砂時計」の歌詞 徳永英明

2009/4/8 リリース
作詞
徳永英明
作曲
徳永英明
文字サイズ
よみがな
hidden
あと五分ごふんだけつよ
すなながちるまでは
あなたはいつものように
わけかんがえている

言葉詰ことばつまるあなたをているのがこわくて
れない場所ばしょからあめていた

もうあるくね…ここからは
一人ひとりあるいてゆく
出会であったころ笑顔取えがおともどして
雨上あめあがりの木漏こも
あたらしいくつひかりとどけてくれているから

砂時計すなどけいになった
こころはグルグルまわって
こおりついた昨日きのう
するりとこぼれちていた

ねむるようにいきころしてったよる
空知そらしらぬあめけて

もうあるくね…ここからは
もとめてばかりのあい
自分じぶん見失みうしなっていたの
やさしいあさのひかりが
窓染まどそめるまえゆめでさよならをげていた

つづけていたあさ
自分じぶんしんじていくこと
くもにじがさしている
あたらしいはじまりは
すこしだけせつなくただあたたかいだけではなかった

もうあるくね…ここからは
一人ひとりあるいてゆく
出会であったころ笑顔取えがおともどしてゆくね