「誓い」の歌詞 徳永英明

1997/1/21 リリース
作詞
篠原仁志
作曲
徳永英明
文字サイズ
よみがな
hidden
はしゃぎすぎてた
季節きせつって
きみだれより 綺麗きれいになった
まぶしすぎる 微笑ほほえみに
なみだ かくして
二人ふたりはいつも
一緒いっしょだね」って
無邪気むじゃきこい
たしかめあった
あのころには 二人ふたりもう
かえれなくなったけど
はなびらのそらした
あるした きみ
出会であいとわかむねじて
いつかやさしさに
えるから
きみことしか あいせない
ひとことが そう
えずにいても
むねあふれる せつなさが
二人ふたりをつなぐ
たしかなきずな

えなくなると
かなしいね」って
ゆめともして
めあった
かぞれぬ おも
二人ふたり かさねてきたよ
いくつものみち
まよいながら
きみあるいてきた
ゆめ足跡あしあと たどりながら
あい旅立たびだつよ あのそら
もうきみこと はなさない
すべてがとお
過去ゆめえても
ひとみひか一粒ひとつぶ
なみだ二人ふたり ちかいの言葉ことば

きみことしか あいせない
すべてがとお
過去ゆめえても
ひとみひか一粒ひとつぶ
なみだ二人ふたり わらぬあい
ちかいの言葉ことば

きみことしか あいせない
こころいた
ちかいの言葉ことば