1. 瞳を閉じて歌詞

「瞳を閉じて」の歌詞 忍足侑士(木内秀信)

2015/3/1 リリース
作詞
木内秀信
作曲
木内秀信
文字サイズ
よみがな
hidden
いろのないゆめしろくろなにもない
暗闇くらやみなかひざかかえていた

一筋ひとすじひかり かざしたばしてつかんだ
まれるように みちびかれて がってゆく

あいすることが きてゆくかてならば
あらそうことに ながなみだ必要ひつようないはず きっと

あいのかけらあつめて かがやいた結晶けっしょう
ひとみじて いまここに まれた意味いみろう

自分じぶん存在そんざい意味いみときもある
数々かずかず出会であいから そのこたえをくだろう

何度なんどとなくかえきずついてつよくなってくのは
ひといたみをるための 大事だいじなプロセス

しんじることで こころつよくなれるなら
ほんのすこしも しむことなく きみおもうから もっと

ひとみんな だれかに あいされているはず
ひとみじて ほら やさしさにつつまれているから

偶然ぐうぜん必然ひつぜんすべては自分じぶんえらんできたみち

あいするひとわかれのときたなら
二度にどとはない ながれゆくときごせたおもいて

とおはなれてゆく よりちかくなってく
ひとみじて ほら きみこころなかのこるよ

さよならはわないよ またすぐにえるさ
ひとみじて ほら いつでもきみのそばにいるから

いつでもそばにいるから