「欠けたパーツの唄」の歌詞 怒髪天

2002/6/29 リリース
作詞
増子直純
作曲
上原子友康
文字サイズ
よみがな
hidden
目隠めかくしのままで 両腕りょううでまわ
さわるな!るなよ!」と きてきたおれだぜ
おとこはひとり』そいつがみちなのさ
やさしいうたなんか かないフリをつづけてきた

ドラマのような 友情ゆうじょうゴッコかよ?
涙頂戴なみだちょうだいにゃ ウンザリしてるおれだが
ポッカリといた このあなふさぐのは
一体いったいなんだろう?」ひとりになるとかんがえてた

おなきずつ おまえとき
メチャクチャ このむねあつくなった!

くるおしい喧噪けんそういま最中さいちゅう俺達おれたち
偶然ぐうぜんじゃないハズさ いま出逢であった俺達おれたち
さぁ!そのをギュッとにぎってやる!
こぶしをひらいてせよ
まえをずっとさがしてたんだゼ

俺達おれたちはきっと デキソコナイだろなぁ
こころのカケラなんて そろえられぬハンパしゃ
だけどすこしだけ とびらひらいてみた
勇気ゆうきしぼしたんだ この一歩いっぽ

まえおれとで かたちちがった
パーツを えばチカラになるぜ!