1. snow drop歌詞

「snow drop」の歌詞 愛内里菜

2001/1/24 リリース
作詞
愛内里菜
作曲
金子奈未
文字サイズ
よみがな
hidden
いたみやくるしみさえもけあってゆける
そんな二人ふたりになりたかった

ゆきしずかにせば
季節ときがたつのをるだけでしそうで

あまりにもおおくのおもいをかかえてきたわたしゆきは Ha-Ah
いくつしろいためいきをつかせてゆくのだろう?
ゆきがひとつひとつちるたび そのつめたさにこころいたむよ
ひとつとしてなにもできず不器用ぶきようきみおもうばかり
So cold I freeze snow drop on me

いつからかしいものはなんだって
あきらめるほうらくだとおもってた
でもきみだけはそうじゃなくてね
どうしてもはなしたくはなかった

どこまでもてしなくつづいてくゆきしろさはつらくて Ha-Ah
こたえるはずもないのにさがしつづけては
ここにかんじるのはいたみだけで なのにあのころなつかしくては
それでもきみじゃなきゃだめでだれより大切たいせつなんだろう?
Please warm me inside snow drops, I hide

おさなころにね まっさらなとおしてゆき世界せかい
まるでおとぎのくにのようで ゆきるのをたのしみにってたのに

大人おとなになってくたびに おそれることを
現実げんじつからをそらしてみては複雑ふくざつにまざったこころ
ひらくことがむずかしくて二人ふたりでなければこの出来事できごとを…なんて
こんな進歩しんぽのないわたしゆきはあきれててるの?
snow drop