「エンリルと13月の少年」の歌詞 感傷ベクトル

2014/5/14 リリース
作詞
田口囁一
作曲
田口囁一
文字サイズ
よみがな
hidden
あさのホームを人混ひとごみにまぎれて
れたフォームでながされてゆく
そんなふうにさ またすこまっては
モノクロの一部いちぶわった

まちゆくひとそれぞれに宿やどした
理由りゆうなんてるすべもなくて
だけどぼくらはきっとおなじなんだろう
いつしか もうまれない

あらしのような日々ひびいそがしさにきし
こころをあやすように

すこしでもとおくへ とおくへ
かいかぜうつむきながら
それでもとおくへ とおくへ
ぼくひかりさがしてる

から才能さいのう
しのプライドをきずつけた
ぎのゆめ
臆病おくびょうにかざしてみるたびに
りもせずまたバラバラになって

ビルしにそらとおかげとす
じきあめるだろう

ぼくはただとおくへ とおくへ
ひびこえれたくて
ほそからだあめらし
あるつづけている

あらしこうにてがあるならおしえてよ
渦巻うずま雲間くもまひかりいのぼくらは ひと

とおくへ いたあしきずりながら
とおくへ てなんてなくても

とおくへ とおくへ
かいかぜうつむきながら
それでもとおくへ とおくへ
ぼくひかりさがしてる

あらしこうにてはなくてもわらない
くもれるまでひかりいのぼくらはこう