「ザ・エン歌」の歌詞 憂歌団

1996/3/21 リリース
作詞
木村充輝
作曲
木村充輝
文字サイズ
よみがな
hidden
紫色むらさきいろ夕暮ゆうぐれが 心濡こころぬらすころ
オレはおまえと二人ふたり 一杯飲いっぱいの
ビールにしましょかおさけにしましょ それともショーチュー
グッとグラスをほせば あゝいい気持きも
酔払よっぱらってうのじゃないけれど オレはおまえと
オレはおまえといれば それで天国てんごく
だからこのまま 今夜こんやはふたり

あかいパンツがさざなみられてある
夜空よぞらいたはなも チラチラと
むかしのことは桃太郎ももたろう それともやっぱり金太郎きんたろう
いてわかれた散歩路さんぽみち とぼとぼと
酔払よっぱらってうのじゃないけれど はじめてったあのから
はじめてったあのから きさあいしてる
だからかないで 今夜こんやはふたり

酔払よっぱらってうのじゃないけれど ダイヤモンドでもくるまでも
ダイヤモンドでもくるまでも なんでもってやる
だからたのむから 今夜こんやはふたり

酔払よっぱらってうのじゃないけれど オレはおまえと
オレはおまえといれば それで天国てんごく
だからたのむから 今夜こんやはふたり