「ドラマ」の歌詞 戸塚祥太(A.B.C-Z)

2015/5/13 リリース
作詞
戸塚祥太
作曲
AKNIG
文字サイズ
よみがな
hidden
「どうせぼく なんてまぁ」
ハートこおっていて
眼差まなざしはにぶってる
ウソのような今日きょう
みっともないスピードで
ただただよっているよ

それでもさ にぎってる
紙切かみきれだけを
しるされた ねつ
おもせるかい

めいっぱい ふくらませ
夢希望ゆめきぼう あこがれを 幾重いくえにも んだ
風船ふうせん

そら
はなしてく はなしてく
あつめたまばたきを
らしてく らしてく
ってた 方角ほうがく
純粋じゅんすいなブルーが
まっすぐにきみ
とどいたら
とどいたら

つくもの 事実無根じじつむこん
ったことか
ったバトンひと
にぎりしめただけ

しずのぼ
にしたら かるから
さよならは わないで っていて

だからこそ
やしてく やしてく
それしかないからさ
もがいてく もがいてく
ころんでがれ

えていくほし
流線りゅうせんきみ
ていたら
ていたら

ずかしいほどに助走じょそうをとったら
もういまが さあいまている

はりつけにしてた きのほのお
にまとい たたかうよ

「どうせぼくなんてまあ」
もうえない ほし
まばゆさが
らすから

そら
はなしてく はなしてく
あつめたまたたきを
らしてく らしてく
ってた 方角ほうがく
純粋じゅんすいなブルーが
まっすぐにきみ
とどいたら
とどいたら