1. ドーナツ歌詞

「ドーナツ」の歌詞 戸松遥

2012/10/17 リリース
作詞
古屋真
作曲
中村僚,中村友
文字サイズ
よみがな
hidden
夕陽ゆうひあまにおいがしたかえりたくないな
たぶんどこまでもとおくなりそうなあのころ
あかねまる遊覧船ゆうらんせん もどってくるのかな
なぜか季節きせつからのこされた気分きぶん

それはものねだりだってわかってるはずだけど
不意ふい未来みらいこわいときはかないそうなゆめかぞ
つよがるしかできなかった

えなくてさびしくてむねあないた
ドーナツみたいな全部愛ぜんぶあいえたい
大好だいすきもやさしさもそこにあるの?みんな
わすれたことなんていとうたえるようにわらおう

観覧車かんらんしゃのような一週間遠いっしゅうかんとおくをながら
ちゅういたまままわつづけるなんてね

ある日世界ひせかい素晴すばらしいって心締こころしけたけど
なに無駄むだなものはいってわたしだって必要ひつようだって
いたくてもえなかった

ちいさくてかなしくてむねかぜいた
おおきなスキマの意味いみがわかるのなら
あめさむはるぶように
地図ちずならってるいままわみちでもゆこう

こころがまたいつかてたちが未来みらいこいちても
なにいとくらべないよあたらしい笑顔えがおになあれ

えなくてさびしくてむねあないた
ドーナツみたいな全部愛ぜんぶあいえたい
せつなさやおも形無かたちないものみんな
わすれたことなんていとうたえるようにわらおう