1. 証-あかし-歌詞

「証-あかし-」の歌詞 手塚国光(置鮎龍太郎)

2015/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
人影ひとかげのまばらな ホームにふたり
ただだまって すわったまま
げるおもいに 途切とぎれた言葉ことば
きみこえふるえていた

線路せんろ沿れている
はなのようにこころ
このかぜゆだねていたい

わすれない いま このとき
僕達ぼくたち時代じだい
なにもない場所ばしょからはじまって
旅立たびだちのときむかえた
わらない けっしてえない
あの約束やくそく
みちび未来みらいをただ目指めざそう
それがきみ出逢であえた あかし

放課後ほうかご校庭こうていを ただがむしゃらに
はしきみを ずっとてた

ときまればいい」
きみ言葉ことばむねせつない
またひとつ 季節きせつわる

わすれない いつでも此処ここ
僕達ぼくたちがいたこと
あのかがやきが あの苛立いらだちが
色褪いろあせぬ青春とききざんだ
ながみちのりにきずついて
たおれそうなとき
まえだけつめてあるいて
それがきみ出逢であえた あかし

サヨナラのわりにきみ
きしめてしまえば
こころれた あの瞬間しゅんかん
僕達ぼくたちもどってしまう
とおくなるレールのおと
背中せなかきながら
それぞれのみちえらぶことが
それがふたり 出逢であえた あかし