1. Road 第II章 ~君へ~歌詞

「Road 第II章 ~君へ~」の歌詞 手塚国光(置鮎龍太郎)

2015/3/1 リリース
作詞
置鮎龍太郎
作曲
置鮎龍太郎・UZA
文字サイズ
よみがな
hidden
雨上あめあがりのあさのぞいた
みずたまりにうつきみ
ながかみ綺麗きれいだとおもった

くつなか小石こいしにして
裸足はだしになれるそんな気分きぶん
ずかしくて すこうしいた

あの まどからえた
景色けしきてもいいの?

どんなに どんなに まぶしくても
そこに希望きぼうが あるなら Ah
どんなに どんなに はなれてても
そらはなびらうまでに
このこころ とどけたい

しろくもかたち
とりみたいだねとってた
あなたのこえ みみのこってる

はしゃいではしるそのかげ
いつものようにみながら
あなたのこと きしめていたい

いつか あるいてくだろう
そのとき うなずいて

どんなに おもいがあふれてても
きみ名前なまえぐらいべるよ
こんなに 大事だいじきみのことを
いつも 笑顔えがおてたい
あおひかりらして

どんなに どんなに まぶしくても
そこに希望きぼうが あるなら Ah
どんなに どんなに はなれてても
そらはなびらうまでに
このこころ とどけたい

どんなに どんなに まぶしくても
ひとみちからこめて Ah Ah
あしあと いっぱいつけてあるこう
きっと 今日きょうから明日あしたへと
このみちつづいてく