「初恋の頃」の歌詞 手嶌葵

2011/6/1 リリース
作詞
宮崎吾郎,谷山浩子
作曲
谷山浩子
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのかげんであるいた
夕陽ゆうひ そらににじんでた おかうえ
つかずはなれず ならんである
そんな 二人ふたりあのころ

えばいつも れてばかりいて
大切たいせつなことは なにもえなくて
わらいながら うわさばなしとか
他愛たあいのないこと おしゃべりした

ただそれだけで わたし よかったの
ただそれだけですべて たされた
つかずはなれず ならんである
そんな 初恋はつこいころ

恋人こいびとなら もどかしくおも
その距離きょりがなぜか とてもいとしくて
こころなか どんなゆめよりも
真珠しんじゅほしより かがやいてた

あなたのかげんであるいた
夕陽ゆうひ そらににじんでた おかうえ
つかずはなれず ならんである
そんな 初恋はつこいころ

そんな 初恋はつこいころ