1. 竜歌詞

「竜」の歌詞 手嶌葵

2006/7/12 リリース
作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子
文字サイズ
よみがな
hidden
昔々むかしむかしの そのむかし
歴史れきしはじまる まえのこと
ふたつのものは ひとつだった
ふたつはおなひとつだった

つことほっした ものたち
うみ大地だいちえらんだが
自由じゆうほっした ものたち
なにたずに った

かれてしまった ひとりゅう
わすれてしまった 太古たいこ記憶きおく

とおとおくの 西にし
世界せかいわる 最果さいはてで
つばさった ものたち
かぜのはざまに きている

かぜらい
はがねからだかぜ
あかひとみまことつめ
太古たいこ言葉ことばまことかた

どんなものにも とらわれず
どんなものにも おもねることなく

それは気高けだか慈悲深じひぶか
そして残酷ざんこく残酷ざんこくいのち
ひとがなくした 太古たいこ姿すがた