1. 黄昏歌詞

「黄昏」の歌詞 手嶌葵

2006/7/12 リリース
作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子
文字サイズ
よみがな
hidden
とおりをきかう 人影ひとかげもなく
路地裏ろじうらひびごえもない
かれることない こごえた炉辺ろばた
ざされたままの ちいさなとびら

歴史れきしきざんだ いしかべ
いまいろあせ かたちをなくし
くさおおわれた 石畳いしだたみには
砂埃すなぼこりだけが あそんでいる

みんなはどこへ ったのだろう
わたしあいした あのひとたちは
いろのあせていく たそがれのなか
わたし一人ひとり なみだする

ひろがる田畑たはたたねかれず
名前なまえらない くさしげ
いとなみのあと草木くさきかく
みのりの記憶きおくとおくになった

つくろつづけても ほつれていく
かがやきのえた わたし世界せかい
らす あかりもなしに
それでもあゆみは められぬ

これからどこへ くのだろう
わたしあいする あのひとたちは
いろのあせていく たそがれのなか
わたし一人ひとり くす