1. 友に捧ぐ鎮魂歌歌詞

「友に捧ぐ鎮魂歌」の歌詞 摩天楼オペラ

2014/9/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ほのかなきみかおりを あめなかつけた
ぼくはまだ苦手にがてなまま 足早あしばやある

おもってたよりもっと ぼくよわ部分ぶぶんっていたみたい
きみならさ わかってくれそうながするよ

勝手かってぼくのおねがいを いのることもあるけど
どうせなら神様かみさまよりも きみおもしたい

きだったふくだったり きなひとさえもう あのころちが
いつまでもわらないのは音楽おんがくだけかもね

どうして どうして どうして どうして

夕暮ゆうぐまる ここは あたたか
あめきなきみ もう おやすみ

とどまることはゆるされないのが 時計とけいなかぼくらで
まえかなきゃ まえかなきゃ 途切とぎれてしまうかもしれない

ただまえを ただまえることがつらくなったら
ここへはなそう きだったうたをかけて

わがままにきていたね うたまない日々ひび
うつくしくきていたね わかぼくたちは