「魂のルフラン」の歌詞 摩天楼オペラ

2012/8/1 リリース
作詞
及川眠子
作曲
大森俊之
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしかえさりなさい 記憶きおくをたどり やさしさとゆめ水源みなもと
もいちどほしにひかれ まれるために たましいのルフラン

あおかげにつつまれた素肌すはだときのなかで しずかにふるえてる
いのち行方ゆくえいかけるように 指先ゆびさきわたしをもとめる

きしめてた運命うんめいのあなたは 季節きせつく まるではかないはな
希望きぼうのにおいをむねのこして いそぐ あざやかな姿すがた

わたしかえりなさい まれるまえに あなたがごした大地だいちへと
このかえりなさい めぐりうため 奇跡きせきこるよ 何度なんどでも
たましいのルフラン

いのるように まぶたじたときに 世界せかいはただやみそこえる
それでも鼓動こどうはまたうごかぎりある永遠えいえんさがして

わたしかえりなさい 記憶きおくをたどり やさしさとゆめ水源すいげん
あなたもかえりなさい あいしあうため こころからだもくりかえす
たましいのルフラン

わたしかえりなさい まれるまえに あなたがごした大地だいちへと
このかえりなさい めぐりうため 奇跡きせきこるよ 何度なんどでも
たましいのルフラン