「かげろう」の歌詞 斉藤和義

2013/10/16 リリース
作詞
斉藤和義
作曲
斉藤和義
文字サイズ
よみがな
hidden
いたよ いたよ ちいさなうみができるほど
ひとりで ひとりで かぎをかけたなつなか
せみいているね あのおなじように
ごまかそうとしたけど こころってた

つよくなりたくて あるしてみる
まった時計とけいむねいたまま
人混ひとごみにされて とりあえずおぼえたわらうフリ

何故なぜだかになる こころのドアをたたくひと
どうして どうして おなをしているんだろう
ごまかそうとするけど こころがざわめく
せみいているね みちにはぬけがら

つよくなりたくて あるしてみる
まった時計とけいむねいたまま
言葉ことばこわくて すべてこわれそうで
ふたりつめてた陽炎かげろう

人混ひとごみのなかはししている
まった時計とけいを あなたとうごかしたい
わすれられないこと わすれたくないこと
夜明よあけにれてる陽炎かげろう